ひがまいでバレーボールを楽しみます


by higamaivc

ペルセウス座流星群

こんばんは~。

いとうです。

夏休みもお盆が過ぎて,あと少し。

宿題の追い上げ,がんばってくださいね。


さて,


8/13は,ペルセウス座流星群の極大(たくさん流れ星が見える日)という日でした。

そして,この日は,旧暦の七夕で,天の川を見るのも最適の日。

今年は,月が出ていない時間帯だったため,流星群を見るのにも,とても条件がよかったのです。

私は,兵庫県北部の実家に帰省していて,星の撮影のため出かけましたが,撮影をしながらでも40こは 流れ星を見ることができました。

私の地元は,山に囲まれた田舎で,街明かりも少なく,星を見るには,とてもよい環境です。

実家の前でも,見上げると,薄いくものような天の川が肉眼で見ることができました。


さて,「ペルセウス座」ですが,どこにあるか ご存知ですか?


カシオペア座の下に 「人」(明るい舞子で見るなら)という字のような並びが ペルセウス座になります。

下の図には,カシオペアの下に 枝が伸びたような星座が,あるのがそうです。
d0138226_2313094.jpg


しかし,流れ星は,その星座だけから 流れ星が飛び出すわけではないのです。


ここで,流れ星を見るこつを お話しましょう。



まず,

1.星を見るために,できるかぎり暗い場所に行く


街灯や,街明かりの少ない場所がのぞましいです。

そして,暗い場所に行くには,危ないので懐中電灯や携帯電話の明かりを使うこともあるかと思いますが,星を見てる間は,白い光の出る 懐中電灯や携帯電話を開かないほうがいいのです。

人の目が,暗闇に慣れて,たくさんの星を確認できるまでに,30秒かかります。


これを 「暗順応(あんじゅんのう)」といいます。


神戸,舞子のような明るい場所,ベランダでも,星が見えないとあきらめず,まず,家の明かりを消してみたり,カーテンを閉めて,じっと星空を見つめてみてください。

しばらくすると,最初は,見えなかった 暗い星も見えてきます。

そして,星を見るために人が集まる星空観望会,天体観望会などでは,まわりの人の目にあかりが入らないように,携帯電話を開かないことが マナーになります。


懐中電灯を使用する場合は,赤いセロファンをかぶせるとOK。


車のテールランプが,赤いのは,ご存知ですか?


赤い明かりは,後続の運転手の目にとても優しいのです。


赤い明かりなら,星を見るじゃまには,あまりなりません。

(しかし,できるだけ明かりをつけないのがのぞましい)





2. 星空の一点を見つめるのではなく,長い時間,空全体をぼけーっと見てみる


首を上げてばかりいるとつらいので,長時間流れ星を見るためには,レジャーシートに寝そべって,見るのが一番楽でしょう。


全体をなんとなーく見ていると,右上に,左に,下にとあちこちで,流れ星が流れたことに気付くことができます。

流星群の見られる時期なら,3~5分にひとつ 見ることができます。




流星群の日に限らず ごくまれに 大きな流れ星が流れることがあります。


d0138226_23151988.jpg

ウィキより


これを 「火球(かきゅう)」といいます。


私は,今回の帰省でひとつ大きなものを見たのですが,尾をしっかり引くような大きな火球をぜひ見てみたいです。



流れ星,ぜひ,見つけてみてくださいね。


みなさんの願いが,叶いますように☆




では,また~(^O^)/
[PR]
by higamaivc | 2013-08-18 23:08 | 星のおはなし